今村夏子

入社して間もなく担当し、自分で開発した製品だからできるだけ多くの人に使ってほしい。
その思いで技術営業へチャレンジ

専攻は理系で、今は技術営業を担当しています。担当している照光製品は、入社以来、ずっとかかわっている製品なので、思い入れがありますね。照光製品は、LEDとライトガイドを使い、機器の操作部を光らせるもの。携帯電話やスマートフォン、ノートPC など電子機器の操作性向上やデザイン性アップを図る製品です。 入社後、仙台開発センターで、当時着手して間もない照光表示製品の技術開発に取り組みました。その後、開発した新技術を使った新製品の設計業務を担当し、製品を世に送り出しました。
新しい製品は、お客様に技術的な説明提 案・推奨をする担当が不可欠です。ぜひその仕事を「やってみたい」と手を挙げ、営業部署へ異動を希望しました。自分も深くかかわった製品なので、幅広く使ってほしいと拡販を目指しています。

「自分らしく仕事ができそう」それが入社動機。
やりたいことをやるには、熱意と責任を持ってやり遂げることがルール

アルプス電気に入社を決めたのは、ある面接官との出会いです。私の話を、とても熱心に聞いてくれ、自分をまるごと、受け入れられたような気がしたことを覚えています。「ここなら飾らず、自分らしく仕事ができそう」それが決め手となりました。そのイメージは、入社後も変わらないですね。職場は自由です、何をやってもいい。その代わり、責任を持ってやり遂げることがルールです。だから熱意を持って取り組める人なら、キャリアを磨くチャンスがたくさんあるのではないでしょうか。私の異動希望が実現したことも、その例のひとつでしょうね。
製品設計者だったころは、「よりいいものをつくる」ことだけを目標に取り組んでいました。
でも営業技術へ異動になり、考え方もだんだん変わってきました。営業は人と人、心と心のビジネスで、目に見えないところを、いかに感じるかが成否の分かれ目です。技術はもちろん大切ですが、それだけではダメ。コストを含め、顧客のニーズにどう応えていくかが重要です。「よりよいもの」は、「よりよく使う」ことで初めて生きてくる。設計者の時は、見えていなかった視点です。
技術的な実験と違って、営業は何が正解なのか、なかなか結果は見えません。それを待っていては、仕事も私も前へ進めませんから、前向きに考えて、間違っていてもいいから、とにかく動こう…そう思うようになりました。

技術とビジネスを結ぶ仕事で貢献していずれは照光製品を会社を代表する製品へ育てていきたい

照光製品は、注目されているアイテムです。光によるデザイン的付加価値だけでなく、機器の状況を光で分かりやすく知らせることで、ユニバーサルデザインにも寄与します。使用範囲も家電製品など、幅広い品目が考えられ、これからいかに用途や範囲を広げていくかは、まさに技術営業担当者の腕の見せどころ。
アルプス電気には、数多くのコンポーネント製品があります。そのなかで、この照光製品が、稼ぎ頭となるぐらいの存在に育てたいですね。5年、10年かけて成長させたいと考えています。

一日のスケジュール

06:15

起床

08:00

出社

職場はフリーアドレスなので、今日は気分を変えて窓際に。メールチェック開始

09:00

ミーティング

各人の経験や知識を活用してアイディア会議。固い頭を柔らかくして…

10:00

訪問先で提案する内容の最終確認

HPで客先の新製品もチェックして話のネタ探し

12:00

昼食@食堂

今日はパスタにサラダもつけようっと

13:00

顧客訪問

製品紹介と提案内容を説明。お客さんの反応は上々!掴みはOK

16:00

帰社して、顧客反応を工場にフィードバック

新たな提案も追加して次回再訪問することに

19:00

退社

書店へ立ち寄り新書をチェック。デパ地下で夕飯の買い物

21:00

TV見ながらゆっくりストレッチ

今日の疲れは明日に残しません!

other_message

  • 尾崎佑希
  • 志賀隼人
  • 櫨秀明
  • 井口大輔
  • 山内清典
  • 飯田陽平
  • 菊地基生
  • 長田寛志
  • 渡邉悠
  • 渡部義之
  • 朝倉俊晃
  • 頼野一也

other_message

  • 尾崎佑希
  • 志賀隼人
  • 櫨秀明
  • 井口大輔
  • 山内清典
  • 飯田陽平
  • 菊地基生
  • 長田寛志
  • 渡邉悠
  • 渡部義之
  • 朝倉俊晃
  • 頼野一也