櫻田学彦

欧州ビジネスの最前線で日本で培った知識と経験を活用しソリューションを提示していくやりがい

「アルプス・ヨーロッパ」は、欧州における主要販売拠点。主に欧州の自動車関連顧客向けにビジネスを行っています。
私の役割は、本社人事部門の欧州拠点におけるリエゾン(出先)として、アルプス・ジャパンが推進する各種グローバル施策や出向者関連施策を、欧州の各法人・拠点と連携しながら進めていくことです。また、所属するアルプス・ヨーロッパにおける人事課題についても、当地の人事部門と連携しながら対応しています。
日本とは言語や習慣、文化が全く異なるなかで、日々いろいろなことを学びながら仕事する。これはやはり、海外勤務の醍醐味ですね。この職場は当社欧州ビジネスの最前線であり、よりビジネスに即した動きが求められます。それはとても新鮮であり、日本で培った経験と知識を活用してソリューションを提示していくことは、責任重大ですが、やりがいでもあります。

うまくコミュニケーションできないからこそお互いを理解しようと努力しうまく進行した時は達成感も大きい

仕事をしていくうえで、お互いに第2言語となる英語を用いたコミュニケーションは、正直ストレスになることも多々あります。一方で、あの手この手で相手に理解してもらう努力をし、お互いが同レベルの理解を得て、仕事がうまく進んだ時は、大きな達成感を感じます。
現地スタッフとチームで、あるプロジェクトに取り組んだ時です。かなり専門的な内容で、なおかつ非常にセンシティヴな対応が求められる内容でした。英語での議論に苦戦しながら、関係者の協力を得て何とか無事に遂行。これまで経験したことのない業務領域を経験でき、同時に現地スタッフとのコミュニケーションの進め方という点でも、とても勉強になりました。
私は、ドイツを中心としたヨーロッパしか知りませんが、この地で多くのことを経験して学び、物の見方や考え方も多面的になったと思います。今は、そうして考えたことを自分の言葉で語れるようになったと、成長を実感しています。

「常にベストを尽くすこと」を心がけ行動は“したたかに、しなやかに”。
そして瞳は未来のグローバル・ビジネスへ

アルプス電気へ入社した時は、海外にまったく関心がありませんでした。でも、最初に配属された工場で、海外からの研修生や出張者の受入対応を行っているうちに、「海外で働くのは、どんな感じだろう」と興味を持つようになりました。
その後、本社に異動になり海外関連人事を担当。海外で勤務する多くの駐在員や現地法人社員と接するうちに、いっそう海外勤務への興味が深まって、私自身も海外勤務を希望するようになりました。
私が入社以来心がけているのは、「常にベストを尽くすこと」。最近はそれに加え、「したたかに、しなやかに」の必要を感じています。日本で働く以上に、海外ではスムーズに行かないことが多々あります。でもそんななかでも、目的を達するためにはしたたかに行動し、しなやかな気持ちで相手に接することで、共感を得ていくことが大切だと感じたからです。お互いの背景の違いを考慮しながら、適切なメッセージを発信していく。理解度合いの確認を綿密にやらないと、やりたいことができなかったり、伝えたいことも伝わらなかったりしてしまいますからね。
これまでは海外勤務が目標でした。今はその真只中で、アルプス電気が欧州でさらに存在感ある企業となるため、人事の視点でビジネスに貢献できるように四苦八苦している最中。次の目標は、まだ模索中といったところです。ただ、海外勤務を経験してステップアップしたら、グローバルな視野を持ったビジネス・マンとして、活躍分野を広げていきたいですね。

一日のスケジュール

06:00

起床

シャワーを浴びて目を覚ます

07:10

自宅を出発

通勤は車で30分、ドイツ語学習に充てる(ただCDを流すだけ)

07:40

日本との連絡は、時差の関係で午前中の早い時間が勝負

さっとメールを見て、すぐに電話してその場で方向性を出す

12:00

昼食

大体近くのお店で買って、会社のキッチンで食べる

13:00

こちらのメンバーと来週の会議に向けた事前ミーティング

15:00

他の欧州拠点メンバーとの定例TVミーティング

なかなか他拠点を訪問する機会がないので、年1回は訪問してミーティングをするように心がける

17:00

メール作成

あっという間に定時になるが、日本に送るメールを書かなければいけないので、ちょっと休憩してメール作成に取りかかる。退社

19:30

週に1回近くの地域学校のドイツ語講座に通学

意欲は有るが結果は伴わず

22:30

家に到着後、遅い夕食を摂って、インターネットを見たり、本を読んだりしてゆっくり過ごす

00:00

就寝

たいてい2分以内には眠りに落ちる

other_message

  • 小栗祐樹
  • 山田晃久
  • 阿曽愛美
  • 南島雅敏

other_message

  • 小栗祐樹
  • 山田晃久
  • 阿曽愛美
  • 南島雅敏