志賀隼人

ずっと憧れていた機械をつくる仕事。
ここなら機械系専攻の知識・経験を活かしおもしろい仕事ができそうな気がした

学生時代の専攻分野を見てもらえばお分 かりかと思いますが、私は機械が大好きです。趣味も機械いじりで、就活の時はメカ的な仕事ができる会社を目指しました。アルプス電気に入社を決めたのは、知り合いに社員がいて、直接仕事の話を聞くことができたから。製品分野も技術領域も広いし、 「機械系も活躍できそうで、おもしろそう だな」と思ったことがキッカケです。実際 に入社してみて、仕事はイメージ通りでしたね。
担当業務はロボットやマシンなど、量産 設備の設計・開発。主にコンポーネント製品の設備を担っています。もちろん、希望どおりの仕事です。

製造技術は「ものづくり」のコア。
アルプス電気のものづくりDNAが宿る分野だからエンジニアはプライドと矜持がある

製造技術のおもしろいところは、自分の 意見やアイデア、考えをマシンに反映できること。製造設備はそれぞれ違いますから、いつも新たなことへのチャレンジです。正解がありません。自分で考えながら、試しながら答えを導き出していく。自分のアイデアが、カタチになっていく喜びがありますね。
量産設備は、同じ条件でも設計者の考え方で、仕上がりも異なります。ネジひとつで、メンテナンス性、設備の強度、コスト、使い勝手などが違ってきます。「あなたの設計したものは使いやすい」とか、「ちょっと使いにくい」など、製造の現場からフィードバックがあります。ほめられればうれしいし、失敗したとしても、それも経験。課題は次への糧ですね。
量産設備設計者としては半人前ですが、仕事をする時は「ひとつ先を読む」ことを心がけています。あらかじめ予測を立てて、対策を考えておく。先輩たちのヨミは、すごい的中率です。私も早く追いつきたいと思っています。
製造技術は「ものづくり」の核ですから、もっとも色濃くアルプスDNAが息づいているところだと思います。製品の進化にともなって、製造設備にも大きな変革があるかもしれません。でも、設備担当としてはいついかなる時も、アルプス・スピリットを忘れずに「よいものづくり」を求めていきたいですね。

ここなら、どんな人にも「おもしろい仕事」はある。
見つけるためには、まずチャレンジ!
自分の可能性は自分で拓くもの

「この人は、たまたま好きな機械が仕事になったラッキーな人」と思う方も、いるかもしれませんね。でも、そんなことはないですよ。アルプス電気はビジネス・フィールドも技術領域も広いので、どんな人も活躍できる場所がある。能力を活かせる機会があると思います。もし、希望とは違う仕事に配属になったら、「これがやりたい!」と手をあげればいい。本人に熱意があれば、意見を聞き入れてくれる風土があるので、やりたいことができる可能性も高いと思います。
私の周囲には、自ら希望して学生時代の専攻と違う分野の仕事をしている人も少なくありません。「これしかない」と、自分の可能性を自分で狭めてしまわずに、いろいろチャレンジしてみては。思いがけず、一生の仕事にめぐり会うかもしれません。特にアルプス電気なら。

一日のスケジュール

06:30

起床

嫁のご飯うめ

08:20

始業

今日もがんばるぞ!今日はCADで設計だ!なかなかいいアイデアが出ないな

10:05

休憩

職場の仲間と趣味について話す。設計終了。図面を機械加工会社に出すぞ

12:45

お昼休み

社員食堂で安い・うまい・早い

13:30

午後は機械の調整

なるべく午後は手を動かす仕事をする

16:00

取り引き先の担当の方と打ち合わせ

今後の生産ラインの立ち上げについて説明

17:10

今日は定時退社日だ! 安全運転で帰るぞ

18:30

今夜は子どもとお風呂

仮面ライダーフォーゼのフィギュアも一緒に入浴

21:00

今日は早めに寝ます。おやすみなさい

other_message

  • 今村夏子
  • 尾崎佑希
  • 櫨秀明
  • 井口大輔
  • 山内清典
  • 飯田陽平
  • 菊地基生
  • 長田寛志
  • 渡邉悠
  • 渡部義之
  • 朝倉俊晃
  • 頼野一也

other_message

  • 今村夏子
  • 尾崎佑希
  • 櫨秀明
  • 井口大輔
  • 山内清典
  • 飯田陽平
  • 菊地基生
  • 長田寛志
  • 渡邉悠
  • 渡部義之
  • 朝倉俊晃
  • 頼野一也