山内清典

「ものづくり」を評価する仕事だからどこよりも確かな力量が求められる

品質保証の仕事には、量産されている製品をチェックする「品質管理」と、量産前の製品を評価する「品質評価」の業務があります。私の担当は評価の仕事。今は気圧センサの評価を行っています。様々な信頼性の試験を実施し、量産をスタートしていいか、どこを改良するかなどを判断します。

製品は高性能はもちろん、良品であることが必須。
スムーズな量産を目指すから評価に手抜きはいっさいなし!

製品は、求められる性能を有することが重要です。でも、それだけではダメ。生産される製品が、どれも良品でなければいけません。私の仕事は、そのための善し悪しを見分ける審判の役割。自分が見つけた不具合が解決され、量産工程がスムーズに進んでいくと、うれしいですね。他部署の人も、品質評価の仕事を確かなものだと信頼し、認めてくれています。だから、手は抜けませんよ。

ベテランも新人も、意見は遠慮なく言い合う。
それにみんなで動く団結力もあって自分には住みやすい職場

部署ではベテランが多くて、いい刺激をもらっています。品質保証の職場のいいところは、目標に向かってみんなが一緒にフル稼働できること。一体感があります。これは、アルプス電気全体にも言えるかもしれませんね。それに若手でもベテランでも、隔てなく意見が言える。私自身は、とても住みやすい職場だと思っています。

まず、情報の収集が重要。
そのうえで、先を読んだ評価と対策を自分で考えられるようになることが目標

「常に情報を取りに行くこと」いつも、仕事で心がけています。製品の仕様は、日々変化していきます。その情報を取りこぼすと、評価も後手後手。先んじた対策を、講じることができません。もっと先を読んで、対策を考えられるようになることが目標です。ヤル気のある後輩が来てくれれば、一緒にいろいろ勉強できますね。はっきり意思表示してくれる人なら、私も教えがいがあります。

other_message

  • 今村夏子
  • 尾崎佑希
  • 志賀隼人
  • 櫨秀明
  • 井口大輔
  • 飯田陽平
  • 菊地基生
  • 長田寛志
  • 渡邉悠
  • 渡部義之
  • 朝倉俊晃
  • 頼野一也

other_message

  • 今村夏子
  • 尾崎佑希
  • 志賀隼人
  • 櫨秀明
  • 井口大輔
  • 飯田陽平
  • 菊地基生
  • 長田寛志
  • 渡邉悠
  • 渡部義之
  • 朝倉俊晃
  • 頼野一也