企業ビジョン

企業理念

アルプスは人と地球に喜ばれる新たな価値を創造します。

アルプス電気は企業理念をもとに、「5つの経営姿勢」を掲げています。

社訓に込められた「人材」への想い

アルプス電気スピリッツの根幹となる「社訓」は、創立10周年を機に定められました。そこでは「理想とする“ものづくり”のあり方」、「果たすべき社会的責任」、「人に賭ける想い」などを提唱。 今日も、企業活動や人材育成に関する基盤となっています。社訓の誕生から50年あまり。今も職場に生き続ける、「人材育成」のポリシーをご紹介します。

「失敗を恐れるな」が合言葉

設立当初、小さな町工場だったアルプス電気。「情熱」と「チャレンジ精神」だけをエネルギーに、新たなフィールドへ歩み出したのです。以来、アルプス電気では失敗を恐れずに、様々な技術開発にチャレンジ。 多数の「世界初」を世に送り出しました。失敗せずに、“世界一”は生まれない…失敗の中にこそ、大きな成果へのヒントがあることを、アルプス電気は知っています。

チャンスはすぐそこ!
「やりたいなら手を挙げろ」

アルプス電気では多様な技術と数多くの製品を手がけ、幅広いビジネス・フィールドがあります。何かを見つけたい人、探し物がある人なら、必ず「これだ!」というものが見つかるはず。 見つけたら、次は「やりたい!」手を挙げること。それがアルプス電気の基本ルールです。手を挙げた人には、周囲も協力・助言を惜しまない。これも、アルプス電気のお約束です。

「人に賭ける」

若手が「やりたい」と言えば、先輩はやってみろと背中を押す。迷っているメンバーがいれば、リーダーは「失敗を気にするな」と励ます。 そうやって育った人材が先輩やリーダーとなって、かつての先輩やリーダーが自分に賭けてくれた想いをあらためて知り、今度は自分たちが「賭ける」側となります。かつて、1人のエンジニアの熱意に応えて、片岡社長はその事業の継続を決めました。「人に賭ける」想いを、もっともよく知る人の1人です。

アルプス電気の人材育成DNA

アルプス電気では性別や年齢、障がいの有無、国籍などに関わらず多様な人材が能力を発揮し、活躍しています。 今後も社員それぞれが働きやすい環境を整えるとともに、創造的なプロフェッショナルへの成長をサポートできる風土を構築していきます。